タイ俳優「オーム(Ohm Thitiwat)」のプロフィールや出演ドラマ、オムフルの活動など詳細解説!

タイBLドラマの「Until We Meet Again〜運命の赤い糸〜」。タイBLの中でも先駆的なこの作品に、ディーン役として出演していたオーム(Ohm)。
彼のプロフィールや、出演作品について詳しく紹介していきたいと思います。
なお、タイの俳優でオームという愛称は他にもいますが、こちらの記事ではティティワット・リトプラサートを取り上げています。

目次

「オーム(Ohm)」プロフィール

画像:Instagram

本名ฐิติวัฒน์ ฤทธิ์ประเสริฐ
Thitiwat Ritprasert
ティティワット・リットプラスート
愛称オーム(Ohm)
生年月日1997年3月26日
身長186cm
所属ch8/RS Group

Twitter・Instagram・YouTubeアカウント

Twitter:@Ohmthitiwat Ω
Instagram:ohm_thitiwat
YouTube:Ohm Airway

経歴

オームは、2016年に開催された「Channel 8 Asia New Star Model Contest Face Of THAILAND 2016」で入賞を果たし、芸能界入りしました。
その時の映像がこちらです。

この時はまだ19歳の学生でした。
2017年にドラマに初出演、2019年には3本のドラマに出演しています。
その中の一つ「Until We Meet Again~運命の赤い糸~」(以下、UWMA)にて初めて主演を演じ、大ヒットを記録。一気に人気に火が付きました。
UWMAは日本でもファンが多い作品で、放送から3年経った2022年に日本でBlu-rayの発売も決まっています。
その後同じ事務所やフリーの俳優とともに、歌やダンスなどアイドル活動も精力的に行い、ドラマにも数多く出演。2023年公開の主演ドラマも決まっています。

オムフルとしての活動

UWMAでカップルを演じたフルーク(Fluke)とは、その後も「CloseFriend」「Close Friend2」「Oh! My Sunshine Night」「609 Bedtime Story」と今でもBL作品でカップルを演じています。
また、SNSには2ショットも数多く投稿され、プライベートや撮影裏でも仲の良い様子を伺うことができます。

フルークの大学の卒業式にはオームがかけつけお祝いしています。

タイではBL作品に出演すると「カップル営業」という、ドラマの中での関係性をそのままに番組の宣伝活動やCM出演などを行うことがありますが、オムフルはカップル営業の枠を超えたような関係性を見ることができるとタイBLドラマファンの間でも話題です。

それでは、ドラマ以外での彼らの関係性や活動についていくつかご紹介していきましょう。

オームよりフルークの方が年上

UWMAでオーム演じるディーンが、フルーク演じるパームの先輩として描かれ、身長差や顔つきからもオームの方が年上と思われがちですが、実際はフルークの方が1歳年上となります。
芸能活動もフルークの方が先輩であり、本来ならオームがフルークを「P」(タイ語で「先輩」という意味合い)と呼ぶ所を、UWMAの役柄のまま今でもフルークがオームを「P」と呼んでいます。

ファンダムは「MyBlue」

オームとフルークのカップリングのファンのことを「MyBlue」と呼びます。
こちらは、オームとフルークふたりとも「青」が好きなことが由来しているとのこと。
イベントなどでは青色が多様され、SNSなどでもMyBlueに向けたメッセージなども多く発信してくれています。

オームフルーク(OhmFluke)での音楽活動


OhmFlukeでの音楽活動も活発に行なっています。
最近ですと、二人で歌う楽曲「FALLING FOR YOU」を公開し、タイの音楽チャートでも20位以内に入り話題を呼んでいます。
Twitterでは「#OhmFlukeFMT3rdFallingForYou」というハッシュタグで、二人が出会って3年が経ったことをお祝いしました。

「オーム(Ohm)」出演作品一覧

  • 2017年「Lying Heart」(Manat)
  • 2019年「Dong Poo Dee」(Rum Pichairanarong)
  • 2019年「Leh Runjuan」(Athip)
  • 2019年「Until We Meet Again〜運命の赤い糸〜」(ディーン /主演)
  • 2020年「Love, Lie, Haunt The Series: The Haunted Corpse」(Tak)
  • 2020年「Poot Ratikarn」(Pha Mueang)
  • 2020年「Romantic Blue」(Mai /主演)
  • 2020年「Saneha Stories 3: Saneha Maya」(Pete/主演)
  • 2021年「Close Friend」(ピアース /主演)
  • 2022年「Buang Bai Bun」(Aek-Au)
  • 2022年「Close Friend 2」(ピアース /主演)
  • 2022年「Oh! My Sunshine Night」(Khim/主演)
  • 2022年「Sea Sand Sun」(Pit/主演)
    →タイ東部トラートの観光促進を目的とした、タイ国政府観光庁とWeTVにより作成
  • 2022年「Suk Sanaeha Kraithong Chalawan」(Chalawan/主演)※7月時点で撮影中
  • 2022年「609 Bedtime Story」(Mum/主演)
  • 2023年「Step Up to Runway」(Mavin/主演)
  • 未定年「Wiyan Phaesaya」(Inchaway)

各作品のあらすじ紹介

Until We Meet Again〜運命の赤い糸〜

オームがブレイクするきっかけとなった作品です。
詳しくは下記記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

Close Friend


Close Friendは6話構成で6つのカップルのお話が集まったオムニバスになります。
1話20分ほどと短いながらも、二人のカップリングをまた見れるというのはファンにはたまらない作品でしょう。
オームは音楽プロデューサーであるピアース役、フルークは大学生のタイフーン役で、二人は付き合い始めて3年、同棲中になります。
ピアースに大きな仕事が入り、仕事に打ち込むようになると、タイフーンはあまり相手にされないことにだんだんと不安に。
そこからどう思いを確かめ合うのか、ぜひドラマを見て確認してください!

なお、オムニバスの中には日本で絶大な人気を誇る「Don’t Say No」で主演のジャーファースト(JaFirst)や、CutiePieでもカップルを演じたマックスナット(MAXNAT)二人のお話もあります。

見放題配信
レンタル配信

Close Friend 2


CloseFriend2は前回のオムニバスとは違って、二組のカップルの1年後を描いたストーリーとなります。前作「CloseFriend」第1話の、ピアース(オーム)とタイフーン(フルーク)のカップルと、第6話のジェディとレイのカップルがストーリーの中で絡みだし、様々な試練がやってきます。
1話30分ほど✕6話となっており、前作よりもしっかりとストーリーが描かれて見ごたえのある内容になりました。
なお、前作「CloseFriend」の第1話と第6話から繋がった内容になっていますので、必ずこの2つのお話を見てから視聴してください。

ジェディとレイのカップルを演じるのは、「2Moons」で共演したキムコプ(KimmonCopter)です。このカップリングが好きな方にも必見の内容です。

見放題配信
レンタル配信

Oh! My Sunshine Night


2022年7月より放送を開始したオームフルーク(OhmFluke)の最新作です。
お金持ちの家に生まれたオーム演じるキムは、チェロが好きで音楽サークルに所属しているのですが、そこへフルーク演じるサンが入会してきます。サンは難病のため今でも治療をしていますが、それでも前向きに生きており、人に心を開かない内向的なキムにも大きな影響を与えていきます。
ただ、友人やビジネス、家柄など様々な問題が勃発し、一筋縄ではいかないストーリー展開となっているようです。
日本では現在配信はありませんが、Youtubeで「AIS PLAY」のメンバー(月額790円)になることで視聴可能です。

609 Bedtime Story

2022年12月より、「609 Bedtime Story」の配信が開始となりました!
視聴方法やあらすじなどは下記ページでご紹介していますので、あわせてご覧ください。

「オーム(Ohm)」音楽活動

พื้นที่เสี่ยง


リリース:2021年7月

寡黙な役からヤンチャな役まで、魅力の多いオーム

Until We Meet Againでは寡黙で優しい先輩を演じましたが、609 Bedtime Storyでは良い人ながらもお酒や女性にだらし無い役どころで視聴者を釘付けにしており、オームの魅力がどんどん引き出されているように感じます。
オムフルとしての活動だけでなく、一人でのドラマ出演も決まっていますので、今後のオームの活躍に目が離せません!

SNSでシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

幼少の頃からドラマが好きで、国内ドラマを中心に一通り視聴してきたドラマオタク。ある日タイBLに触れてからというもの、あっという間にタイBLの世界に沼入り。視聴した作品は数え切れません。

その後、台湾BLや中国ブロマンスにも手を伸ばし、毎日何かしらのBL・ブロマンス作品を視聴中。1日最高視聴話数は20話!
初心者の方にもわかりやすい情報提供を心がけています。

目次